Does Korea follow the path of Japan?

これは、韓国LG経済研究所が最近発行した本”我々は、日本を似ているのか?”の読後感です。

1。なぜ、日本は20年間厳しい低成長を経験しているのか。

  • 1989年から1994年:プラザ合意の円高のせいで輸出激減。バブル崩壊。
  • リストラタイミング失期。通貨緊縮政策投入遅延。
  • デフレ段階に進入。長期化。
  • 生産性改善失敗。高付加価値産育成不振。
  • 生産可能人口の時速継続的な減少。内需の沈滞。
  • 高齢化で財政負担急増。若者の社会進出対策不在。

2。韓国は日本に似ているのか。

  • 韓国の成長経路は日本より20年遅れている。って言う意味は我々は日本の無くした20年の目前だって言う意味。
  • 韓国の資産バブルは日本の20年前みたいに激しい状態ではない。日本の場合5倍、韓国の場合2倍。(1975年、1995年基準、東京自宅指数、ソウル自宅指数)
  • 輸出に非常に寄っている経済構造ー輸出競争力の減少:20年前日本は大部分の産業でマーケット独歩な一位だった。市長の拡大無しでは成長しにくい構造。韓国の場合は世界的デフレが問題。
  • 高齢化、異常に低い出産率。2016年から生産可能人口は減少始めた。

3。対策

  • 個人はもう安い物に価値を感じていない。必須な価値を持つ製品を開発するべき。
  • グロバールマーケットに答えがある。積極的な海外進出とともに輸出拡大:本国に海外の知識、ノウハウ、スキルが集約出来る構造。現地の需要に会う製品の開発。
  • 製品とサービスを合わせた高付加価値の創出
Advertisements
Posted in Book/Movie Review, Uncategorized | Tagged , , , , , , , | Leave a comment